セクション » ページ詳細

1882(明治15)年、福岡県久留米生まれ。1904(明治37)年夏、東京美術学校を卒業した青木は、画友の森田恒友、坂本繁二郎、福田たねとともに、小さな漁村・房州富崎村布良(現在の千葉県館山市)を訪れています。帝国水難救済会布良救難所看守長・小谷希録(喜録)宅に1ヶ月半近く寝食の世話になりながら、多くの作品を描きました。エネルギッシュな漁師たちの姿に鼓舞され、描かれた代表作品は、神話の「海幸彦山幸彦」にちなみ、《海の幸》と題されました。 3年後に描かれた《わだつみのいろこの宮》とともに、後年には国の重要文化財となっています。

この地で結ばれ、懐妊した福田たねを伴い、翌年には焦心に駆られて再度この地を訪れ、伊戸の円光寺に投宿しています。 『古事記』を読みふけり、安房神社をはじめとする神々のふるさとの姿にふれて再起し、円光寺では板戸に力強い焼き絵を描いています。 現在、この地に残っていないのが残念です。

誕生した男児は《海の幸》にちなんで幸彦と名づけられますが、入籍をしないまま2歳で別れます。 故郷に戻った青木は放浪生活の末、病に倒れ、1911(明治44)年に28歳の若さで亡くなりました。 成人した遺児・幸彦は、『笛吹童子』で有名な尺八奏者・福田蘭童として活躍。 また、蘭童の子・石橋エータローは、クレージーキャッツの一員として一世風靡した後、料理研究家として活躍。 芸術家であり海を愛する血筋は、三代にわたって流れていたようです。

1962(昭和37)年、阿由戸の浜を見下ろす高台に、美術振興の道標として記念碑(設計生田勉東大教授)が建立されました。 ここは、かつて日本で一番人気のあった館山ユースホステルに隣接した地であり、1997(平成9)年には人気テレビドラマ『ビーチボーイズ』のロケ地として多くの若者の聖地となりました。

08年9月24日 admin 131,161
セクション » ページ詳細

1887(明治20)年、茨城県水戸生まれ。幼くして両親や兄弟を亡くし、18歳で肺結核を病んだ彝は、1905(明治38)年、療養のため千葉県北條町湊(現在の館山市)を訪れました。海辺で水彩スケッチを始め、志していた軍人を諦めて画家の道に進んだといいます。

水彩画から油絵に転向し、白馬会絵画研究所で黒田清輝、次いで太平洋画会研究所で中村不折や満谷国四郎に師事し洋画を学びましたが、その間にも千葉県や茨城県への転地療養を繰り返しています。1910(明治43)年、布良に滞在して描いた《海辺の村(白壁の家)》-東京国立博物館蔵-は、第4回文展で3等賞となりました。 病弱な彝に海外経験はありませんが、レンブラント、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ミレー、マネ、シスレー、モネ、ドガらの技法を独学し、模倣だけに終わらない独特な画法を確立しています。新宿中村屋の創業者、相馬愛蔵・黒光夫妻の庇護のもと画室を与えられ、文展・帝展で活躍。 相馬夫妻の長女俊子をモデルにして《少女裸像》《婦人像》などを描くうちに、彼女を深く愛していきますが、相馬夫妻に反対され別離しました。 失恋と病苦のなか、1920(大正9)年には後に国の重要文化財となる代表作《エロシェンコ氏の像》を描き上げたものの、1924(大正13)年、37歳で死去しています。

新宿中村屋の暖簾分けという縁で、館山中村屋では複製画を製作し、2007年春より本店2階のギャラリー喫茶に展示してあります。

08年9月25日 awabunka 20,812

1894(明治27)年、福岡県能古ノ島生まれ。 小学校時代から絵の好きな少年として知られ、やがて福岡出身で佐賀の中学校図画教師平島信に寄留、油彩画の手ほどきを受けました。 1910(明治43)年、平島の美術学校以来の友人であった青木繁に佐賀で出会い、洋画を学んだといいます。 それは、青木が亡くなる前年秋のことでした。

翌年16歳で上京し、太平洋画会研究所で満谷国四郎に師事。 文展入選、特選を経て、1922(大正11)年頃に《房州布良ヲ寫ス》-千葉市美術館所蔵-を描いています。 やがて帝展、文展無鑑査となり、太平洋美術学校教授、太平洋画会代表、光陽会創立、同会長を経て、文部大臣奨励賞受賞。 1968(昭和43)年、74歳で死去しました。

08年9月25日 awabunka 25,557

1915(大正4)年3月25日生まれ。東京出身。本名は佑晴。洋画家。

川端画学校に学び、満州(中国東北部)で聖ウラジミール専門学校を卒業。昭和15年帰国、18年「母子」で独立美術協会賞。のちジャワ方面に従軍、ジャワ美術学校創設の基礎がために尽力した。戦後は独立美術協会会員。1956(昭和31)年1月15日死去、40歳。

11年11月4日 awabunka 15,402
青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会
事務局: 特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム
〒294-0036 千葉県館山市館山95 小高記念館内
TEL&FAX 0470-22-8271

Copyright (C) 2007 aoki-shigeru.awa.jp All Rights Reserved

Copyright (C) 2007 tx.awa.jp All Rights Reserved