セクション » ページ詳細

1885(明治19)年1月、栃木県芳賀郡水橋村で呉服屋の次女として生まれる。18歳で絵を学ぶために上京、不同舎に入門し、青木繁と出会う。

1904(明治37)年、青木繁らと館山の写生旅行に同行、懐妊。

1905(明治38)年、青木と館山に再来訪。伊戸の円光寺に投宿。同年、青木と入籍しないまま、茨城県川嶋で長男(幸彦・後の蘭童)を出産。戸籍上は、たねの父の子(たねの末弟)として届けられた。

1907(明治40)年、青木とたねは福田家の縁戚に滞在(青木は『わだつみのいろこの宮』制作)。同年、青木と離別。

1910(明治43)年、別の男性と結婚。多くの子どもに恵まれる。

1962(昭和37)年、館山市布良に青木繁《海の幸》記念碑建立。蘭童とともに除幕式に参列。

1968(昭和43)年、83歳で没。

・・・・・・・・

青木は、多くの作品のモデルとして福田たねを描いている。

《海の幸》で一人こちらを向く白い顔は、作品制作から2年後、たねをモデルに描き直したといわれる。


写真は、晩年のたねと蘭童(栃木県芳賀町総合情報館所蔵)

09年2月8日 awabunka 34,422
セクション » ページ詳細

○芳賀町立総合情報館所蔵

(昭和)37年4月15日

50余年前の追憶


向ふに青山あり、否青海あり

明治36年7月15日写生旅行の為、

森田、阪本、青木、福田、4人そろって

霊岸島より乗船す

翌朝館山につく

先つ茶店にて一休み

氷水でのどを潤す

お婆さん布良迄どの位あるかね

三里はアルデヤデヤ

紺碧の海原遠く大島の

三原の山は煙立つ見ゆ

09年2月14日 awabunka 7,485

○芳賀町立総合情報館所蔵


半世紀以前の女良海岸思い出

(誤記:布良が正しい)

09年2月14日 awabunka 9,144

○芳賀町立総合情報館所蔵

昭和35年5月28日

50年余以前の記憶


青木繁写生

09年2月14日 awabunka 7,529

○芳賀町立総合情報館所蔵

明治37年頃の画学生

思い出

09年2月14日 awabunka 7,224

○芳賀町立総合情報館所蔵

09年2月14日 awabunka 7,260

○芳賀町総合情報館所蔵

「うたかた集」(青木繁/著)より


眞日まてり磯の岩床焼け赫けて 底鳴る潮呻吟に似たり

09年2月14日 awabunka 7,351

○芳賀町立総合情報館所蔵

昭和39年1月26日

50余年前の追憶


明治38年8月29日

福田幸彦誕生の朝

09年2月14日 awabunka 7,395

○芳賀町総合情報館所蔵

「うたかた集」(青木繁/著)より


幸やいかに

未だわが背はかへり来ぬ

沖や大島波の音しぬ


布良の思い出

09年2月14日 awabunka 7,512
青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会
事務局: 特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム
〒294-0036 千葉県館山市館山95 小高記念館内
TEL&FAX 0470-22-8271

Copyright (C) 2007 aoki-shigeru.awa.jp All Rights Reserved

Copyright (C) 2007 tx.awa.jp All Rights Reserved