セクション » ページ詳細

■富崎の様子

.

富崎地区は、館山市の南の玄関口にあります。平地が少なく、海に面した地形で、相浜漁港と布良漁港を中心に家が集まっています。

布良の沖合いは、黒潮と親潮がぶつかる所で、全国的にみても魚の種類の多い海域で、昔から漁業を中心に栄えてきた海辺のまちです。

私の家は布良漁港の近くにあります。漁をしながら民宿や旅館を営んでいる家も数軒あり、漁港から出港する船を利用する釣り客も増えています。

布良漁港の南側にある阿由戸(あゆど)の浜は、昔、黒潮に乗ってやって来た忌部(いんべ)氏が上陸した所と伝えられ、富崎地区は神戸地区とともに、安房開拓にまつわる神話が伝えられている地域です。

富崎の地名も、布良崎神社の祭神で安房開拓の祖と伝えられる天富命(あめのとみのみこと)と、岬に位置する地域であることに由来しています。明治22年に富崎村ができたときにその名がつけられました。

富崎小学校には、「富崎カルタ」というのがあります。3学期の初め頃、体育館に全校児童が集まって行われるカルタ大会は、10年以上続く富崎小学校の伝統行事です。カルタは画用紙大の大きさで、「昔の伝統船祝い」「海の幸描く青木繁」「みんなで歌った房州安房節」など、富崎地区の歴史や自然が描かれています。

明治時代、布良はマグロの延縄(はえなわ)漁が盛んでした。漁師さんたちによって歌い継がれている「安房節」は、富崎の漁業の歴史を私たちに伝えてくれています。

カルタにも描かれている富崎の歴史やまちの様子を調べてみました。

【富崎の漁業の歴史を見てみよう】

【富崎の漁業の様子】

【師走の名物・ナマダのひらき干し】


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul0125133335.pdf 布良ウォーキングマップ(A4縦) 315,152
ul0125134842.pdf 布良ウォーキングマップ(A3横) 4,788,206
08年9月24日 admin 147,623
セクション » ページ詳細

布良の地名の語源は、海草(布)が繁茂する浦(布浦‐めうら)とも、和歌山県の目良(めら)あるいは伊豆の妻良(めら)の住人の移住にちなむものともいわれています。沖合には古くから好漁場として知られた布良瀬があり、豊かな漁村でした。縄文海進による海食洞穴が、長い年月の隆起のため標高23.5mにあります。幕末には沿岸警備のため3門の砲台が設置されました。神社は安房開拓神話にまつわる布良崎神社、駒ヶ崎神社、寺院は龍樹院と本郷・阿由戸(あゆど)の二つの観音堂があります。

09年2月1日 awabunka 28,439

相浜は平砂浦の東に位置しており、かつては地引網が盛んな漁村でした。1703(元禄16)年の大地震では土地が5m隆起し、津波被害も大きく、蓮寿院には犠牲者の供養塔が建てられています。1923(大正12)年の関東大震災でも津波被害がありましたが、元禄津波の教訓から住民は高台に逃げ、犠牲者は1人だけでした。ヤマトタケルを祀る浪除(なみよけ)神社と宇豆彦命を祀る楫取(かじとり)神社が合祀された相浜神社では、毎年3月末に曳き船祭りがあります。江戸時代には修験の感満寺がありました。

09年2月1日 awabunka 24,636

●『古語拾遺(こごしゅうい)』という書物では、朝廷で神祀りを担当していた忌部(いんべ)という氏族の神話が書かれています。忌部氏の指導者だった天富命(あめのとみのみこと)は、宮中に神殿を建て、木綿や麻などの織物は四国の阿波国で作り、鏡や玉などは出雲国で作りました。その後、天富命は布を織るための植物を栽培するのによい土地を求めて、四国の忌部一族を率いて海路を東に向かい、房総半島南端に上陸したといわれています。ここは穀や麻がよく育ったので、それらを意味する古語に由来し、房総半島を「総(ふさ)の国」と呼びました。とくに南部は阿波忌部氏の故郷にちなんで「安房(あわ)」と名づけられ、天富命は先祖の天太玉命(あめのふとだまのみこと)をまつって安房神社を建てたといわれています。

布良と相浜をあわせた富崎(とみさき)地区という呼び名は、安房開拓の祖と伝えられる天富命と、岬に位置する地域であることに由来しています。

[ .. 全文表示へ ]

11年1月16日 awabunka 20,895
青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会
事務局: 特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム
〒294-0036 千葉県館山市館山95 小高記念館内
TEL&FAX 0470-22-8271

Copyright (C) 2007 aoki-shigeru.awa.jp All Rights Reserved

Copyright (C) 2007 tx.awa.jp All Rights Reserved