セクション » ページ詳細

青木繁は、1904(明治37)年8月22日、

房州富崎村字布良・小谷「喜六」(希録・喜録)方に滞在中、

親友・梅野満雄(福岡県八女郡三河村在住)に宛て、

4枚にわたる絵手紙を出状しています。

そこには、

布良・相浜・神戸・平砂浦の素晴らしさが

綿々と綴られており、また、

精力的に大作《海の幸》に取り組んでいる姿も

描かれています。

・・・・・・

絵手紙の原物は、

梅野満雄の長男・梅野隆氏が館長を務める

長野県東御市の梅野記念絵画館で所蔵しています。


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul0519133944.pdf 青木繁書簡(印刷用) 1,644,950
09年2月1日 awabunka 44,395
セクション » ページ詳細

「其後ハ御無沙汰失礼候

モー此処に来て一ヶ月余になる、

この残暑に健康はどうか?

僕は海水浴で黒んぼーだよ、

定めて君は知つて居られるで

あらうがこゝは万葉にある「女良」

だ、すく近所に安房神社と

いふがある、官幣大社で、

天豊美命をまつつたものだ、

何しろ沖は黒潮の流を受けた

激しい崎で上古に伝はらない

人間の歴史の破片が埋められて

居たに相違ない、

漁場として有名な荒つぽい処だ、

冬になると四十里も五十里も

黒潮の流れを切つて

二月も沖に暮らして

漁するそうだよ、

西の方の浜伝ひの隣りに

相の浜といふ処がある、

詩的な名でないか、

其次ハ平沙浦(ヘイザウラ)

其次ハ伊藤のハナ、其次ハ洲の崎で

こゝは相州の三浦半島と

遥かに対して東京湾の口を

扼(ヤク)して居るのだ、

上図はアイドといふ処で

直ぐ近所だ、

好い処で僕等の海水浴場だよ、

09年2月7日 awabunka 8,813

上図が平沙浦、

先きに見ゆるのが洲の崎だ、

富士も見ゆる、

雲ポッツリ、

又ポッツリ、ポッツリ!

波ピッチャリ、

又ピッチャリ、ピッチャリ!

砂ヂリヂリとやけて

風ムシムシとあつく

なぎたる空!

はやりたる潮!

童謡

「ひまにや来て見よ、

平沙の浦わアー

西は洲の崎、

東は布良アよ、

沖を流るゝ

黒瀬川アー

サアサ、

ドンブラコツコ、

スツコツコ!」

これが波のどかな平沙浦だよ、

浜地には瓜、西瓜杯が

よく出来るよ、

蛤も水の中から採れるよ、

晴れると大島利島

シキネ島等が列をそろえて

沖を十里にかすんで見える、

其波間を漁船が

見えかくれする、面白いこと、

09年2月7日 awabunka 8,015

夫れから東が根本、白浜、

野島だ、僅かに三里の間、

野島崎には燈台がある、

沖では

クヂラ、

ヒラウヲ、

カジキ「ハイホのこと」、

マグロ、フカ、

キワダ、サメ、

がとれる、皆二十貫から

百貫目位のもので釣るのだ、

恐しい様な荒つぽい事だ、

灘では、

トビ魚(ヤゴ)、

カツオ、タイ、

アヂ、ヒラメ、

サバ、

杯だ、

それから岸近くでは、

小アヂ、

タカベ、

クロダイ、

カレイ、

ボラ、

杯だ、磯辺では

タコ(大いよ)、

イセエビ、

メチダイ、

メジナ、

杯だよ、

09年2月7日 awabunka 8,145

夫れから浜磯では、

モクツ、

モク、

アラメ、

ワカメ、

ミル、

トサカメ、

テングサ、

メリグサ、

アワビ、

ハマグリ、

タマガヒ、

トコボシ、

ウニ、

イソギンチャク、

ホラノカヒ、

サヽヱ、

アカニシ、

ツメッケイ(ツメガヒ)

杯だ、

まだまだ其外に名も知らぬものが

倍も三倍もある、また種族が

同じで殊類なものもあるのだ、

今は少々製作中だ、大きい、

モデルを沢山つかつて居る、

いづれ東京に帰へつてから

御覧に入れる迄は黙して居よう。


八月二十二日 繁

満雄兄 」

09年2月7日 awabunka 8,206
青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会
事務局: 特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム
〒294-0036 千葉県館山市館山95 小高記念館内
TEL&FAX 0470-22-8271

Copyright (C) 2007 aoki-shigeru.awa.jp All Rights Reserved

Copyright (C) 2007 tx.awa.jp All Rights Reserved