セクション » ページ詳細

明治の洋画家・青木繁(1882〜1911)の代表作≪海の幸≫は、1904(明治37)年夏、坂本繁二郎、森田恒友、福田たねとともに訪れた房総半島最南端の小さな漁村・布良(めら)(現千葉県館山市富崎地区)で描かれ、1967(昭和42)年には、近代洋画で我が国最初の重要文化財に指定されています。我が国洋画界の黎明期を飾る作品として、多くの後進に影響を与えており、≪海の幸≫から6年後の1910(明治43)年には同じ布良で中村彝(つね)が≪海辺の村(白壁の家)≫を描いています。

当時マグロ延縄漁で栄えていた布良の地では、漁師たちが危険を冒して黒潮に乗り出し、多くの命を落としています。その魂が南の水平線上で赤く輝くといわれる星(カノプス)は、今でも広い地域で「布良星」と呼ばれています。そして、この地域がもっている、まぶしく輝く陽光、大海原の島々、たくましい海の男たちのエネルギー、神話のふるさとという背景のもとに誕生した≪海の幸≫は、生命の讃歌といっても過言ではありません。

ときが流れ、青木繁の没後50年目を記念し、大海原を見わたす布良の地に、青木繁≪海の幸≫記念碑が建立されました。当時の田村利男館山市長をはじめ、坂本繁二郎、辻永、富永惣一、中沢弘光、熊谷守一、金沢秀之助、石川寅治、山下新太郎、河北倫明、中村研一、鈴木千久馬らが発起人として名を連ねています。碑の建立趣意書や計画書には「ここに画伯を敬慕しその作品を熱愛する者たちあい寄り、ゆかりの地布良海岸に記念の碑を建立して、永く追慕いたしたい」「碑は一つの芸術作品とも考えられます」「私共はこの碑を美術振興の一つの道標といたしたい」と記されており、生田勉東大教授によって設計されました。

しかし、こうして建立された記念碑も、1998(平成10)年になると館山ユースホステルの廃業に伴い、同じ国有地にあったため建物とともに解体される状況となりました。これに対して、青木繁が逗留した小谷家当主をはじめ、当地区連合区長会長、各区長、コミュニティ委員会などの連名により、碑の保存について要望書が提出され、現在では館山市が国に地代を払うことで撤去を免れています。

一方、2005(平成17)年12月に開催されたにおいて、小谷家当主・小谷栄氏は「青木繁が滞在したままの姿で、家を後世に残していきたい」と決意を表明し、2007(平成19)年11月、館山市教育委員会に小谷家住宅の指定文化財申請を提出しました。そして今年度、館山市教育委員会より市文化財審議会に対して、市指定文化財に向けての諮問がなされたところです。この住宅は、青木繁たちが布良に写生旅行で訪れた際に寄寓した家であり、≪海の幸≫誕生にあたって重要な関わりをもった家として著名です。その歴史的評価はもとより、建物自体も明治20年代の漁村集落における網元の住宅として貴重な文化財であることは申すまでもありません。

小谷家住宅と青木繁≪海の幸≫記念碑は、館山市民にとっての誇りというだけでなく、我が国にとっても貴重な文化遺産です。記念碑を建立しあるいは守ってきた先人たち、そして小谷家当主の想いを受け継ぎ、今後の保存・活用と、未来を担う子どもたちに夢と希望を託すことを願い、ここに保存する会を設立いたしました。

文化芸術は、人びとの心を潤して、豊かな感性や誇りを育てます。人々のお互いの理解を深め、ふれあいや交流を促進し、産業経済や地域コミュニティに活力を生み出します。地域を越えて、芸術文化を愛する皆さまと手を携え、心豊かな社会づくりを目ざしていきたいと願っています。ぜひ、多くの皆さまのご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成20年9月吉日

08年9月25日 awabunka 24,028
青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会
事務局: 特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム
〒294-0036 千葉県館山市館山95 小高記念館内
TEL&FAX 0470-22-8271

Copyright (C) 2007 aoki-shigeru.awa.jp All Rights Reserved

Copyright (C) 2007 tx.awa.jp All Rights Reserved