セクション » ページ詳細

1882(明治15)年、福岡県久留米生まれ。1904(明治37)年夏、東京美術学校を卒業した青木は、画友の森田恒友、坂本繁二郎、福田たねとともに、小さな漁村・房州富崎村布良(現在の千葉県館山市)を訪れています。帝国水難救済会布良救難所看守長・小谷喜録宅に2ヶ月近く寝食の世話になりながら、多くの作品を描きました。エネルギッシュな漁師たちの姿に鼓舞され、描かれた代表作品は、神話の「海幸彦山幸彦」にちなみ、《海の幸》と題されました。 3年後に描かれた《わだつみのいろこの宮》とともに、後年には国の重要文化財となっています。

この地で結ばれ、懐妊した福田たねを伴い、翌年には焦心に駆られて再度この地を訪れ、伊戸の円光寺に投宿しています。『古事記』を読みふけり、安房神社をはじめとする神々のふるさとの姿にふれて再起し、円光寺では板戸に力強い焼き絵を描いています。 現在、この地に残っていないのが残念です。

誕生した男児は《海の幸》にちなんで幸彦と名づけられますが、入籍をしないまま2歳で別れます。 故郷に戻った青木は放浪生活の末、病に倒れ、1911(明治44)年に28歳の若さで亡くなりました。 成人した遺児・幸彦は、『笛吹童子』で有名な尺八奏者・福田蘭童として活躍。 また、蘭童の子・石橋エータローは、クレージーキャッツの一員として一世風靡した後、料理研究家として活躍。 芸術家であり海を愛する血筋は、三代にわたって流れていたようです。

(写真は『画家の後裔』1979年講談社刊より)

09年2月1日 awabunka 160,041
セクション » ページ詳細

・1882(明治15)=福岡県久留米市に旧有馬藩士青木廉吾の長男として生まれる。久留米高等小学校では、坂本繁二郎が同級生。

明治28年久留米中学明善校に入学、同級に梅野満雄がおり、翌年頃から森三実につき洋画の手ほどきをうける。

・1899(明治32)=明善校を退学。洋画家を志して上京。小山正太郎の不同舎に入門する。

・1900(明治33)=東京美術学校西洋画科に入学。この頃から上野の図書館に通い、哲学、宗教、神話、文学書に親しむ。

・1903(明治36)=白馬会第八回展に神話画稿を出品、第一回白馬賞を受賞する。

・1904(明治37)=美校を卒業した夏、坂本繁二郎・森田恒友・福田たねを伴い、房州布良に滞在、「海の幸」を制作する。たねは懐妊。

・1905(明治38)=福田たねとともに、房州再来訪。伊戸の円光寺に投宿。板戸に焼き絵を描く。長男・幸彦(後の福田蘭童)を出産。

・1907(明治40)=「わだつみのいろこの宮」を東京府勧業博覧会に出品するが、三等賞末席となり、審査の不信不満を新聞等に発表、中央画壇を痛烈に批判し、画壇と決別し以後不遇の時代を送ることとなる。同年夏、父危篤のため帰郷する。

・1908(明治41)=家族と衝突し家を出て放浪生活に入り、以後、貧困と病苦のなかで天草、佐賀地方を転々とする。

・1909(明治42)=7月佐賀に旧師森三実を訪ねる。秋以降、佐賀にあって手記、歌集を残し翌年の元旦を佐賀市妙安寺小路の三根霞郷宅ですごす。こののち小城町の平島信を頼り、8月には唐津に遊ぶも、病状悪化のため小城、古湯での療養甲斐なく、福岡松浦病院に入院する。

・1911(明治44)=3月25日、弱冠28歳9ヶ月の生涯を終える。

09年2月8日 awabunka 30,137

《海の幸》

1904年制作

石橋財団ブリジストン美術館蔵

【重要文化財】

09年2月1日 awabunka 36,615

青木繁は、1904(明治37)年8月22日、

房州富崎村字布良・小谷「喜六」(希録・喜録)方に滞在中、

親友・梅野満雄(福岡県八女郡三河村在住)に宛て、

4枚にわたる絵手紙を出状しています。

そこには、

布良・相浜・神戸・平砂浦の素晴らしさが

綿々と綴られており、また、

精力的に大作《海の幸》に取り組んでいる姿も

描かれています。

・・・・・・

絵手紙の原物は、

梅野満雄の長男・梅野隆氏が館長を務める

長野県東御市の梅野記念絵画館で所蔵しています。

09年2月1日 awabunka 43,505

1885(明治19)年1月、栃木県芳賀郡水橋村で呉服屋の次女として生まれる。18歳で絵を学ぶために上京、不同舎に入門し、青木繁と出会う。

1904(明治37)年、青木繁らと館山の写生旅行に同行、懐妊。

1905(明治38)年、青木と館山に再来訪。伊戸の円光寺に投宿。同年、青木と入籍しないまま、茨城県川嶋で長男(幸彦・後の蘭童)を出産。戸籍上は、たねの父の子(たねの末弟)として届けられた。

1907(明治40)年、青木とたねは福田家の縁戚に滞在(青木は『わだつみのいろこの宮』制作)。同年、青木と離別。

1910(明治43)年、別の男性と結婚。多くの子どもに恵まれる。

1962(昭和37)年、館山市布良に青木繁《海の幸》記念碑建立。蘭童とともに除幕式に参列。

1968(昭和43)年、83歳で没。

・・・・・・・・

青木は、多くの作品のモデルとして福田たねを描いている。

《海の幸》で一人こちらを向く白い顔は、作品制作から2年後、たねをモデルに描き直したといわれる。


写真は、晩年のたねと蘭童(栃木県芳賀町総合情報館所蔵)

[ .. 全文表示へ ]

09年2月8日 awabunka 54,429

富崎小学校卒業生はじめ《海の幸》を愛する館山の人びとが制作しました。

12年6月12日 awabunka 22,841
青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会
事務局: 特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム
〒294-0036 千葉県館山市館山95 小高記念館内
TEL&FAX 0470-22-8271

Copyright (C) 2007 aoki-shigeru.awa.jp All Rights Reserved

Copyright (C) 2007 tx.awa.jp All Rights Reserved